ベラジョン 違法性

ベラジョン 信頼性

オンラインカジノでも人気のゲーミングサイトである「ベラジョンカジノ」。

初めてオンラインカジノをプレイしてみる人にとっても、ベラジョンはとても取り組みやすいゲーミングサイトです。

しかしながら、ベラジョンなどのオンラインカジノを日本でプレイすることはどうなの?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるようですね。

結論としては、ベラジョンカジノにおいても違法性はない といえるかと思います。

なぜ、そういった結論付けができるのか?について、ここではオンラインカジノ全体のことやベラジョンカジノの置かれている状況について、お知らせいたします。

なぜ日本でオンラインカジノができるのか?

日本の法律上では、日本国内にまだカジノのような娯楽施設は整っていません。

カジノ法が可決されたわけですが、日本ではまだ何も手つかずの状態です。

日本国内で、日本法人がカジノを運営するのは違法に当たる というのは現在の法律上の解釈です。

シンガポールやマカオ、ソウルなど海外の都市のようにその国内でカジノができるのと違い、日本ではまだそれらのカジノは立ち上がっていない状況にもかかわらず、なぜオンラインカジノがプレイできるのか?というのがポイントとなりますね。

ここで、オンラインカジノはなぜ運営できるか?ということになりますが・・・

実はオンラインカジノの事業者は、マルタ共和国やフィリピンなどの政府からの公認を受けて事業展開をしています。

ただし上記のような「海外政府での公認」ということであれば、合法にあたるという意味合いを指します。

日本においてオンラインカジノでプレイをするということは、そういった海外政府のお墨付きをもとになっているという点にあります。

また、海外政府の公認を受けているオンラインカジノの事業者においても、上場している会社も現にありますのでそういった意味では「社会的に認められている」事業ではないでしょうか。

ベラジョンカジノにおいてはどうか?

日本でオンラインカジノができる理由については、「海外政府公認」というお墨付きの元にプレイできる環境にあります。

で、人気のオンラインカジノでもあるベラジョンに当たってはどうか?というと・・・

ベラジョンカジノにおいては、キュラソー政府の商業登記の番号149132のBreckenridge Curacao B.V.(登録住所:Emancipatie Boulevard Dominico F. “Don” Martina 31, Willemstad, Curaçao)により運営されています。

つまり、ベラジョンはオランダ領キュラソー政府のお墨付きを得た業者ということですから、キュラソー政府公認という点からも信頼性はあるものといえます。

 

ベラジョンでプレイすることは問題ない

結論として、キュラソー政府公認というお墨付きのもとにライセンスを付与されているベラジョンカジノということですから、日本においてもそういった裏付けがあるゲームについては違法性は認められない

ということを意味しています。

ベラジョンカジノもそうですが、政府の公認(ライセンス)を得た事業者が展開しているオンラインカジノサイトか?

というのが、安全にプレイするための要となるのは言うまでもありません。

もちろん、ベラジョン自体も政府公認を得つつも、様々なプレイヤー保護の観点でも施策を打っているので、安心してプレイできるわけです。

 

 

ベラジョンは無料で会員登録できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました